常に脚元の不安との戦いだったエピファニーにとっては、まず無事に初戦を終えることができたのが何より。しかも、敗れたとはいえ大器の片鱗を十分に見せてくれたのだから前途は明るい。
坂路中心のソフトな調教、そしてパドックでは堂々と馬っ気を披露..とても競馬に集中できている状況ではなく、スタートも出遅れ。前半1000m通過が63.7秒というスローペースで4角ではまだ後方..最後の直線も進路を探しながらの追撃となったが、ラスト1Fでムチが入ってからの脚が強烈だった。先に抜け出したライラックがセーフティリードに入ろうかというところを、猛然と差を詰めたフットワークは迫力十分。この一戦を経験した上積みも考えれば、次以降もかなりレベルの高いパフォーマンスを見せてくれると確信に近いものを得られた。

手綱を取ったルメールも、アーモンドアイを引き合いに出してその能力を評価。ぜひとも次はスムーズな競馬で勝利に導いてほしい。

あとは次のレースをいつ迎えられるか。早々に天栄へ放牧に出たのは想定通り。東京開催のうちに2戦目を迎えられれば、来年の春に大きいところを狙う態勢は整うと見た。



ライラックも優秀な勝ちっぷりだった。エピファニーに「取りこぼし」という表現を使うのは失礼に思うほど。
洋芝小回りをマクるスタイルで活躍した兄ブラックホールとは違い、軽い芝での瞬発力勝負に対応できたのは今後に向けて大きな収穫になるだろう。
それにしてもオルフェーヴル産駒の牝馬には「ライラック」の名を入れると活躍するフラグでも立つのだろうかw

もう一頭の注目馬サンセットクラウドは不発。陣営のオブラートに包みまくったコメントが全てだろう。コントレイルどうこうは忘れて、バーンフライくらいの活躍を目指すのが現実的なところ。たぶん主戦場もダートになるんじゃないだろうか。

東京では同日3Rにキングカメハメハ産駒の牝馬エリカヴィータが勝ち上がり。大物感こそなかったものの、なかなかのセンスを感じた。
ABCマート軍はもう来季のPOGでは全然気にせず指名しちゃっていいでしょう。



続いては紫菊賞を勝ったリブースト。圧勝でしたね、幸さん何もしてないw
ただ弱メン相手にペースもそこそこ流れたら周りの脚は勝手に消耗していくので、ずば抜けて強く見えるのも当然っちゃあ当然。
この一戦で評価を爆上げするのはちょっと違うと思ってます。試金石は次。ぜひとも幸さん続投でお願いしますね。

そういえばサンデーレーシングのもう一頭、グルアガッハは4着。まあ可もなく不可もなしといったところでした。このレースはキャロットのエピファネイア産駒フォースクエアが勝ったんですが、2着のゴールドシップ産駒ゴールドローズがいい脚で追い込んできていた。また楽しみな一頭が現れました。

幸さんはもみじSもカジュフェイスで勝ってましたね。スピードはなかなかのものがある(制御できるとは言っていない
次は朝日杯FSだそうです。しかし展開のカギを握る一頭になりそう。ちなみに鞍上は元の主戦・秋山真一郎に戻るとのこと。もう代打終了のお知らせw
あとモンゴリアンキングが負けてしまった。短距離でかなり稼ぐと見ていただけにここでのつまづきは意外。

土曜阪神で驚いたのはスパイダーバローズの完敗。ここはあっさり勝つだろうと思っていたら、後方から差を詰めにかかったところで失速。勝ち馬からは5馬身以上も離されての3着に終わった。
うーん、正直これといって敗因も思い当たるところがなく、現時点での実力と判断せざるを得ない。

あとデュガは強かったですねw いろいろ回り道したけどようやく初勝利。今までタメる競馬をしていたけれど、今回はスピードに任せての逃げ切りでした。
脚質には幅を持たせながらここまできたので、昇級後はレースがしやすいんじゃないでしょうか。