サウジアラビアロイヤルCはコマンドラインが順当勝ち。まだ仕上がり具合はお釣りたっぷり残ってると思うんですけど、それでもヨーイドンでステルナティーアを退けたのは高く評価できるかと。
おかしい、POG1番人気馬がこんな順調に活躍するなんてw

あとは地雷扱いしてたショウナンアデイブもまずまず見どころのある内容。後ろから長く脚を使いながら、上がり3Fも33.9秒をマーク。
この展開で好位から伸びたアートハウスを捕らえるのは至難の業。勝ち馬も強かったし。

どちらも引き続き動向に注目です。



京都大賞典と毎日王冠です。いくつになってもワクワクしますね、この季節は。今後どんなレース番組の改編があっても、この2つのレースは時期を動かさないでいてほしい。

とはいえ京都大賞典は手薄なメンバー。近年でも屈指の小粒感なのでは。ヒートオンビートやアイアンバローズはいい馬だが、この伝統のG2で上位人気に支持される格ではない。現時点では。
アリストテレスやモズベッロもG1で2着の実績があるが、好走条件が限られるだけに貫禄という意味ではまだまだ。
てことでキセキがもう一度輝く場になればいいなと思ってます。数々のクセ馬を御してきた和田竜二の気迫で人馬一体の走りを。7歳の今季も大きくは負けてないし、メンタル面も比較的安定している気がする。

毎日王冠は2頭のマイル王が出走し、どうにか面目を保ってるかな。ダノンキングリーとシュネルマイスター。
安田記念でグランアレグリアを破ったダノンキングリーは一世一代の大駆けといった印象で、コンスタントに走れるかどうか..58kgもなかなかのしんどさ。
シュネルマイスターは古馬との初対戦だった安田記念で差のない競馬ができたのが収穫。本当に強いマイラーを目指す上では、休み明けといえどG2でコロコロ負けてほしくはない。

ポタジェも無難に走れそうだし、バランスオブゲームの甥っ子ケイデンスコールも血が騒ぐ舞台といえるだろうw



その他のレース。

東京5Rチェルノボーグは6月デビューを目指して調整中にペースが上がらず仕切り直し。これが奏功し軽快に動けるようになってきた。さすが藤原英昭厩舎。
これで万全の態勢で新馬戦に臨める。スケール感はともかく、初戦はまず勝ち負けに。

4Rも血統馬が揃っているが、シャケトラの妹ラスールが直前追いで11秒台フィニッシュを決めており素質を感じさせている。
キタサンブラック産駒もすっかり軌道に乗ったし、初戦から結果を出したい。

3Rのコリエンテスとレッドランメルトの激突もお見逃しなくw

あと新潟5Rのローゼシュティアが気になってる。追い切り優秀なトーセンラー産駒。キャロットさんにしては地味な血統ではあるが、それこそザダルのような成功例もあるので注目です。

最後に東京10RのグリーンチャンネルC。坂井瑠星の相棒スマッシャーが復帰する。今回は川田将雅が「代打」を務めるが、しっかり先につながる競馬をしてくれよと上から目線w