まずはダンテスヴューの話から始める。なぜならPOG指名馬だからだ。
いやいや、とりあえずひと安心。ここで負けてちゃ重賞戦線には名乗りを挙げることすらできなかった。
初戦はじっくり構え過ぎたのが仇となったこともあり、川田将雅は「絶対に負けない競馬を」と先行集団を見る形での位置取り。
直線入り口で外に持ち出し前を射程圏に入れると、しっかり脚を伸ばし後続を置き去りにした。

前半1000mが60.6秒とそこそこ流れ、以降も12秒前後の締まった流れになったこともありラスト1Fは要したが、こういう展開を経験できたことは今後にも活きてくる。
その反面、やはり新馬戦のような瞬発力特化の勝負では分が悪そうだと再確認。となると最大目標は弥生賞ですね。そこ目指して年内もう1走からの若駒S経由で向かいたい。それ以上は望みませんw


芙蓉Sではキタサンブラック産駒の2頭に注目が集まったが、いずれも敗戦。ドグマは引っ掛かってしまったのが全て。早々に逃げ馬がバテてしまい後続の目標になる形になったのも響き最後は失速してしまった。
それでもバッタリとは止まっていないし、悲観は無用。もうちょい折り合い面での進境がほしいですね。

コナブラックは4角でもまだ後方で、何もできずに終わるかと思ったら気づかぬうちに5着まで押し上げてた。ただ、これでは勝負にならない。内容は至って平凡だった。

勝ったラーグルフは長く脚を使って差し切り勝ち。ああ、あのラクスバラディーが負けたレースの勝ち馬でしたか。メンバーがさらに強くなるとどうかなと思いつつ、今後は東スポ杯からホープフルSを狙うことになりそうで。次走でだいたいのスケール感がわかりそうですね。
この馬は地味に3代母がロスマリヌスというのがポイント高い。

レヴァンジルとサンストックトンの一騎打ちもレベル高かったですね。時計は芙蓉Sより速かったですし。レヴァンジルは堀宣行厩舎のドゥラメンテ産駒という意味でも頑張ってもらいたい。
サンストックトンは初戦の相手がホウオウプレミア。レベルの高い相手とのエンカウントが続いているようです。

中京では何といってもドーブネですよ。ききょうSを楽勝でデビューから2連勝。
できれば控える競馬がしたかったが、発馬直後から吉田隼人が手綱を引くも壁を作れずハナに立ってしまった点だけが惜しまれる。
しかしこれで完全に重賞級ですね。武豊に朝日杯のタイトルを贈るのはもしかしたら..w

あとは新馬戦のヴェールランス。これはミルコ案件でしょw
ネオユニヴァース→ヴィクトワールピサ→ジュエラーと続く「同一騎手での親子四代G1制覇」にぜひとも挑戦させてあげてほしい。
ソツなく好位を取って抜け出す勝ちっぷりは、派手さこそなかったもののセンスを感じました。



日曜中山のサフラン賞はスローペース&前残りの馬場もあって行った行ったの決着。
ゴールドシップ産駒ウインピクシスが押し切るかというところで、ウォーターナビレラに交わされた。惜しかったw
それにしてもまたシルバーステート産駒である。行き脚が早く競馬が上手なタイプが多い印象。重賞でも通用するのか見てみたい。
内から末脚を伸ばしたシゲルイワイザケだが3着まで。人気のリアグラシアも4着に終わった。この展開では仕方がないかと思いつつも、やや期待度はトーンダウンした感。

2Rの未勝利戦ではロムネヤの2着だったロードカテドラルが順当勝ち。逃げ切りを図ったニシノムネヲウツをきっちり捕らえた脚には見どころがあった。
外枠を苦にしない立ち回りのうまさも光り、今後も追いかけていきたい一頭。

あとは5R新馬戦のウィズグレイスはいかにも国枝栄厩舎の新馬っぽい凡走。後ろからちょろっと脚を使っただけ。次で変わり身があるかで運命が決まる。
ウインティアラの単勝もウインバグースとの馬連もおいしいなw



全体的にモーリスやドゥラメンテの2期生が頑張ってますね。
あとはダート路線の馬が触れられてなくて申し訳ない。ラニ産駒の初勝利になったリメイクとか、幸さん騎乗で6馬身ちぎったクラウンプライドあたり楽しみですね。
どちらも開業2年目の新谷功一厩舎。いい2歳馬が出てくると厩舎も活気づきますね。