G1が始まったとはいえ、引き続き一戦必勝態勢で馬券とは付き合いたいと思います。「G1だから買う」は負ける発想。

とはいえ、このスプリンターズSはダノンスマッシュに対して確信に近い期待を寄せていいだろう。前走の香港チェアマンズスプリントは人気を裏切ったが、もともと間隔が開いてこそ力を発揮できるタイプ。
その反省も活かして今季はセントウルSをパスしここへ直行。一週前にしっかり負荷をかけ、直前はさらっとまとめた調整過程もパーフェクト。
にもかかわらず、前売り時点ではレシステンシアに1番人気を譲る程度の支持にとどまっているのはチャンスとしか言いようがない。最終的にはもう少し売れるだろうが、それでも単勝3倍程度つくのなら買いの一手。
昨年の香港スプリントを制した世界レベルの短距離王をナメてはいけない。


レシステンシアはセントウルSでさすがの強さを見せたが、スプリンターとしての資質という面ではやはりダノンスマッシュに譲らざるを得ないのでは。1400mこそ最強。
モズスーパーフレアやビアンフェら先行勢の速さにある程度ついていくことになると思うが、そうなるとなかなか粘りを発揮するのは難しいと見た。

それならむしろ充実著しい3歳馬ピクシーナイトを優位と見たい。状況に合わせてどんな競馬もできるのがこの馬の強みで、スピード任せでなく馬力も秘めたタイプゆえに内枠も好材料と言えるのでは。
同じくセントウルS組のクリノガウディーもだいぶ常識にかかってきた。相変わらず調教はバリバリ動いており、引き続き好走の可能性は十分。
あとは自分の形に持ち込めたときのモズスーパーフレア

わざわざ言うことではないかもしれないが、ジャンダルムみたいな「出遅れなければ」な追い込み馬を積極的に買うのは好判断とは思えない。こういう馬は人気を落としたタイミングで狙ってこそ。今回のような売れ方をしているタイミングで買う必要はない。

ダノンスマッシュの単勝と、名前を挙げたところに馬連をパラパラ..くらいでいいんじゃないでしょうか。



その他のレース。

中山9Rサフラン賞は少頭数ながらも好メンバー。名前だけなら全頭に近い勢いで挙げたくなるが、小倉で勝ち上がったシゲルイワイザケ、2戦目で期待に応えたリアグラシアあたりが連勝を飾れば重賞戦線を賑わすこと必至。
新潟2歳Sで不完全燃焼に終わったウインピクシスも改めて頑張ってほしい。

5R新馬戦はウィズグレイスの評判がいい。国枝栄厩舎のディープインパクト牝馬。ただし社台RHの初仔か..ちょっと様子を見ようw
2R未勝利戦のロードカテドラルは前走でロムネヤに食い下がった内容がよかった。ここで決めてしまいたい。

中京のメインはポートアイランドS。本当ならヨカヨカとのコンビでスプリンターズSへ向かうはずだった幸さんだが、回避によりこっちでルークズネストに乗ることになった。
お手馬でG1に挑めないのは残念だが、一時は断念せざるを得なかったもう一頭のパートナーに乗れるのは不幸中の幸い。古馬相手にもメドを立てたい。
9R浜名湖特別ではバーデンヴァイラーも回ってきた。こんないい馬を..でもダートじゃないので負けても責任は持てませんよw
こうして急な予定変更にもかかわらず、日曜は全12鞍に騎乗する鉄人のモテっぷりはすばらしい。土曜のシリウスSもサンライズホープで勝ちましたし、リズムはいい感じなので頑張ってもらいたいです。



POG関連ではダンテスヴューが2戦目でしっかり勝ち上がりひと安心。レースについては後日じっくり振り返りましょう。
芙蓉Sのドグマは敗れましたが、ききょうSはドーブネが人気に応え快勝。重賞でも出番がありそうですね。

明日は凱旋門賞もありますし、楽しい一日になりそうですね。