もう木曜だというのに先週の話をしているブログへようこそ。

先週の2歳戦でまず取り上げるべきはロンですね。野路菊Sを4馬身差で圧勝。
控える競馬でも全く問題なく力を発揮できたのが大きいですね。折り合いも苦にすることなく、武豊も操縦しやすそうだった。上がり3Fもメンバー最速の34.8秒でまとめて一丁あがり。

高額馬が何度も夢破れてきたキーファーズ軍だが、石橋守厩舎のシルバーステート産駒がついに大輪の花を咲かせるとなれば改めて競馬のおもしろさを噛みしめることになるかも。少し気は早いけれども。

問題は今後のローテ。牝馬ながら2000mを連勝したということで進路も悩ましいところだが、本日の報道で「年内あと1走」ということになった模様。
阪神ジュベナイルFか、あるいは思い切ってホープフルSか..適性がありそうなのは後者だが、牡馬相手のチャレンジを選ぶかどうか陣営の判断に注目したい。



ロンに破られるまで、一瞬レコードホルダーとなったのが同日3Rで勝ち上がったサトノヘリオス。新潟での新馬戦はイクイノックスから大きく離されての4着に終わっていたが、2戦目で初勝利。
着差こそ半馬身で目立ちはしなかったが、ラスト3Fを[11.5 - 11.5 - 11.6]と落とすことなく脚を伸ばせたのは能力の証といえそう。
一方で瞬発力特化の勝負には分が悪そうな印象で、今後もツーターンの2000mが合いそうなイメージ。適鞍も多く組まれていると思うので、2勝目を挙げてクラシック路線に乗っていけそうな予感。
友道康夫厩舎×里見治オーナーの初タッグとしても注目を集めていた馬だが、今後も話題になっていきそうだ。

中山では1200mのOP特別カンナSが行われ、1番人気のコラリンが鮮やかに差し切り勝ち。新馬戦こそ敗れたが、これで未勝利戦に続いて連勝。
決してスピード任せというレースぶりではないので、あと1Fくらいは問題なくこなせそうな気がする。マイルは微妙かもしれないが..
それにしてもキムテツ厩舎の2歳馬は好調ですなあ..調教停止期間が終わってもこの勢いは続くでしょうか。

日曜中京の新馬戦では幸さんのトゥーサンが勝ち上がり。芝2000mでお手馬登場とはめずらしいw
このところ調子が出てきたキタサンブラック産駒で、ロン同様に牝馬ながら長めの距離がよさそう。じっくり焦らずいきましょう。

未勝利戦ではマイシンフォニーがまたも足踏み。馬場も良くなかったので気の毒ではあったが、さすがにこれだけ手こずるようだとポテンシャル自体にも疑問符が。
勝ち上がれたところでどこまで通用するか、少し見通しが厳しくなってきた。
ナトゥールの新馬戦で追い込み2着だったスコールユニバンスも今回は伸びあぐねて5着まで。
こちらも馬場の影響があったかもしれないが、能力面も次走で見極めたい。