重馬場の大阪杯でコントレイルとグランアレグリアを沈めた強さが衝撃的だっただけに、レイパパレには今後も「強い牝馬」の一角として活躍を見せてほしいのだが..
宝塚記念3着はともかく、G2オールカマーでも馬券圏内すら確保ならず4着に敗れた。

神戸新聞杯のシャフリヤールとは逆で、良馬場だとほかを圧倒できないのだろうか。あとは距離が少し長いか..確かに気性も勝ったタイプだけに、「あと1F」が重くのしかかるのかもしれない。

次はエリザベス女王杯へ。ここで一度使ったことでガス抜きになれば、どうにか克服できるかも。



同じくエリザベス女王杯で再戦することになるのが、ウインマリリンとウインキートス。同じ勝負服・同じ白い帽子で仲良くワンツー。
好位インを器用に立ち回ったウインマリリンは持ち前の機動力が活きる競馬。直線でちょっと前が狭くなり、横山武史の2週連続の悪夢も頭によぎったがどうにか進路を見つけ、そこからは一気に突き抜けた。
日経賞に続き古馬中距離重賞を簡単にモノにしていく強さはたいしたもので、G1取りの機運も高まった。

ウインキートスは目黒記念が展開ドンピシャだっただけに、あの走りがフロックでなかったことを証明できたのが大きい。こちらも胸を張ってG1へ向かってほしい。

少しゲートで遅れたグローリーヴェイズは3角過ぎから一気にペースアップし前へ。レイパパレに並びかける形になり、結果的に競り落とす格好となった。最後は伸びが鈍ったが、こちらも試走は上々ということで。

おおよそ順当な上位決着で、秋のG1にもしっかりつながる一戦になったかと思います。