「大正義」神戸新聞杯も雨には勝てず。日本ダービー馬シャフリヤールが4着に敗れた。
敗因は馬場に尽きる。前日まではそんな素振りもあまり見られなかったのだが、レース当日は朝から強い雨。中京の芝コースも時間を経るごとにどんどんコンディションが悪化し、あっという間に「不良」の発表に。
毎日杯を超高速レコードで制し、日本ダービーでも抜群の瞬発力で制したシャフリヤールにとっては明らかに不得手な馬場。いつもの末脚が見られず、流れ込むように入線を果たすのが精一杯だった。



この馬場もクリアできれば、ディープインパクトやオルフェーヴル、近年でいえばキタサンブラックのようなオールマイティの名馬の素養を見出すこともできたのだが、残念ながらその領域にまで到達するまでのポテンシャルは備わっていなかったと判断せざるをえない。

もちろん馬場次第では巻き返せると思うが、近年の尻すぼみなダービーウィナーの系譜に名を連ねてしまう未来を何となく察してしまうのだった。

苦しむ宿敵を横目に、力強く末脚を伸ばしたのがステラヴェローチェ。道中は後方2番手で折り合いに専念し、直線は空いた一頭分のスペースを突いて差し切った。
皐月賞・日本ダービーともに3着と世代トップクラスの実績を重ねた一方、どちらも後ろから差す「着拾い」の競馬が続いていたことで過大評価は禁物と思っていたが、馬場の恩恵もあって貫禄勝ち。2歳夏の時点で良馬場のマイル戦をこなすなど幅広い適性を示してはいたが、やはり本領発揮はタフな条件でこそ。

となると菊花賞も有力視されるところだが、気難しい面があるだけに折り合いが懸念事項に。今回は好騎乗を見せた吉田隼人にとっては引き続き重大なミッションが待っていることになる。

2着は同コースで京都新聞杯を勝っていたレッドジェネシス。キレ勝負では分が悪いタイプだけに、この馬場悪化は味方した。こちらは川田将雅とのコンビで菊花賞へ。引き続きしぶとさを活かす競馬をすることになりますかね。
モンテディオが際どく3着に粘って権利ゲット。池添謙一が「四位洋文厩舎で初めて勝った」って喜んでたのこの馬でしたっけ。
こちらも持久力勝負には強く、阪神3000mならより輝けるとは思うが..あとは相手関係ですかね。



ワンダフルタウンは血統的には馬場もこなせるかと思っていたが、けっこう大跳びなタイプでしたねそういえば。鞍上のコメントにもあった通りノメりっぱでどうしようもなかった。
良馬場なら菊花賞での巻き返しは十分に巻き返せるはず。

前哨戦×道悪とキズナ産駒得意の条件が揃っていたセファーラジエルにこっそり注目していたのだが、最後方をついて回るだけで勝負気配ゼロでした。

皐月賞馬エフフォーリア不在で、シャフリヤールの予定も流動的な状況で菊花賞戦線はトライアル出走組が中心になりそう。
ただ、タイトルホルダーが不利を受け大敗を喫したり、神戸新聞杯は馬場に泣いた馬も多いだけに着順はひっくり返る可能性が十分。
あとソーヴァリアントがコンディション不良で回避が決まったり、オーソクレースも出るのか微妙な感じでどこまで役者が揃うか..