伝統のトライアルレースが威信を失いつつある中、神戸新聞杯は今もなお3歳秋の初戦を迎える王道として君臨し続けている。
ぶっつけで皐月賞を制したサートゥルナーリアやコントレイルですらここを使うのだから、その存在価値は全く揺らぐところがないことを示している。

そして今年もその流れが変わることはなく、ダービーウィナーのシャフリヤールが参戦。秋のローテは未だに流動的らしいが、どこを使うにせよ滑り出しからおかしな競馬をするわけにはいかない。
ひと夏を越えてライバルも力をつけてきているとは思うが、それでも世代の頂点を極めた才能はズバ抜けている。エフフォーリアとのマッチレースを制した末脚で、秋の楽しみを膨らませてほしい。

日本ダービーで3着に追い込んできたステラヴェローチェも、菊花賞へ向け弾みをつけたい。マイル戦でのデビューから徐々に距離を延ばしながらも適応してきたのは、やはりバゴの血によるもの。3000mのラスト一冠に自信を持って向かうためにも、好結果がほしい。
春は順調さを欠いたワンダフルタウンも菊花賞へのモチベーションは高いだろう。瞬発力には欠ける一方で息の長い末脚は距離が延びてこそ。同じくここで手応えをつかみたい。

逆にここが勝負どころと見ているのはキングストンボーイか。藤澤和雄厩舎のスタイルから考えても菊花賞に向かうとは考えづらい。それでもルメールを確保してきたのは、一発お見舞いしてやろうという意欲の現れ。

もう一頭はセファーラジエルが気になる。白百合Sは強烈な脚で抜け出し4馬身差の圧勝。「前哨戦のキズナ産駒」はフランスでも通用する合言葉になったわけだから、ここも激走があっても驚かない。




オールカマーもなかなかのメンバー。中でもレイパパレがここを使ってきたのは意外といえば意外。
宝塚記念では3着に敗れ初黒星を喫することになったが、悲観は無用。むしろ大阪杯の圧勝がフロックではなかったことを証明した。
今回もまともに走れれば心配ないが、メンタル面の繊細さが課題になる馬だけに出入りの激しい競馬にならないかだけが気がかり。休み明けで変なスイッチが入っていないことだけを願う。

グローリーヴェイズが久々にミルコとコンビ結成。春の香港QE2世Cも2着と衰えは感じさせず、この秋も恐らく遠征はプランに入っているかと思うので順調に立ち上げたい。
新馬戦以来となる中山でのレースだが、この馬はコースによってパフォーマンスが変わるタイプではないと見た。

ウインマリリンウインキートスの同門牝馬2頭が仲良く1枠に。どちらもしぶとさを活かすタイプだけに、この一戦にかける気持ちも強いだろう。充実期に入ったランブリングアレーも差はない。



その他のレース。

まずは中山7Rで戦線復帰を果たすビゾンテノブファロ。スプリングS以来どこへ行ったのかと心配..は別にしていなかったが、デビューからあれだけハードなローテをこなしていたのだから気にはなっていた。6ヶ月もの充電を経てまた元気に頑張ってほしいところである。

中京5R新馬戦のセレブレイトガイズ。ダノンファンタジーの弟でハービンジャー産駒という、どういうキャラに出るかわからない血統である。
ライフフォーセールの仔は現状「一発屋」状態なだけに、この馬も実戦でレベルを確認しておきたいところ。とりあえず馬主が例のあの人なので、ファンからはあまり歓迎されていない模様。

3R未勝利戦ではそろそろ勝ち上がりたいマイシンフォニーと、ナミュールの新馬戦で2着だったスコールユニバンスが出走。どちらも早めに1勝がほしい。



野路菊Sのロンめちゃくちゃ強かったですね。
逃げなくても問題なし。折り合いもしっかりついて、追い出されてからは瞬時にスピードに乗って後続を置き去り。思わぬところからキーファーズ軍の新星が登場しました。
2年前のマイラプソディはもっとテンション上がりましたけどね..w

あとはサンテローズも強かった。この馬は体質さえ改善されれば重賞級。引き続き注目していきたい。