先週の札幌2歳Sをジオグリフが制し、ますます快調なドレフォン産駒。その「一番星」ハイアムズビーチが休養を経て戦線に戻ってきた。
新馬戦は鋭い末脚を繰り出しての差し切り勝ちだったわけだが、今回もよほどのことがない限りはじっくり構える競馬になるだろう。コース替わりに距離延長と条件は変化するが、ドレフォンの血もシラユキヒメの牝系も守備範囲は広いのでソツなくこなすのではと見ている。



ただ、開幕週の前残り馬場になるようであれば、機動力でプルパレイが上回る可能性も考えておきたい。新馬戦ではアライバルに敗れたが、2戦目でラクスバラディーの追撃を退け初勝利。父イスラボニータも競馬が上手なタイプだったが、その長所をしっかりと引き継いでいる印象。いかにもフジキセキの系譜といった感じ。

特にこの時期、期待の大きい馬ほど「競馬を教える」という意義のもと控えるレースをすることが多く、そのスキに付け入るのが先行タイプであることは常に注意を払い続けたい。もし馬券を買うならプルパレイの単勝で勝負したい。