アドマイヤミヤビの初仔アドマイヤラヴィがデビューを迎える。

クイーンC勝ち馬でありオークスでもソウルスターリングの3着と奮闘した母を持つだけに、POG検討段階から注目を集めていた。本来は8月の新潟でデビューを予定されていたのだが、態勢が整わずデビューは延期に。その後も入念に乗り込まれたおかげもあって、随分コンディション面は上向いてきたようだ。
1週前はセントライト記念に出走するルペルカーリアとの併せ馬で追走先着を果たすなど、水準以上の動きを見せた。

ロードカナロア×ハーツクライの配合は、まだ世代数が少ないながらもケイデンスコール・トロワゼトワル・ヴァルディゼールと重賞勝ち馬を輩出している新たなニックス配合。この馬も素軽いスピードでマイル路線を駆け抜けることになるだろうか。



強力なライバルとなりそうなのが、高野友和厩舎のハービンジャー産駒ナミュール。母サンブルエミューズはキョウエイマーチの孫で、兄にOP馬ウェスターヴァルト。こちらは坂路中心ながらもしっかり乗り込まれており、血統面からもスピードとパワーを兼備したタイプと言えそう。

キャットコインの仔マンクスホップは1週前の追い切り時計が地味。直前は坂路で一杯に追って51.8秒をマークしてきたが、無理に帳尻を合わせてきた雰囲気を感じるのでちょっと様子を見たい。