夏競馬最終週は土日合わせて6勝を挙げた武豊。中でも楽しみな新馬との出会いがあったことで、秋以降への弾みもついたことだろう。
ドウデュースについてはすでに別記事で触れたが、このドーブネも負けず劣らずの好素材。
藤田晋氏の馬主としての初勝利をもたらしたのは、やはり千葉サラブレッドオークションで4.7億円もの価格で落札されたディープインパクト産駒だった。



話題性だけではなく実力も確かなものがありそうだ。

1200m戦でのデビューも視野に入れられていたように、気性はかなり前向きのようで一番の心配材料はそこだったかと。
レースでも折り合いを重視するためかスタートはゆっくり。それでも手綱を抑えられながら馬群に取り付くと、4角手前では前を射程圏に。
少し仕掛けられながら直線に向くと、一気の瞬発力で先行勢を飲み込み、後続の追撃も寄せ付けない2馬身差完勝。これは次以降も楽しみ。みんなそうでしょうけどw

ただ、やっぱり距離はマイル前後というかマイルくらいまでが良さそう。グッと脚をタメるのも苦手そうなので、ワンペースで進む1400mがベストと見た。さらにいえば東京1400m、京王杯2歳Sとかピッタリなのでは。

そこから朝日杯FSで武豊の欠けたピースを埋めるなんて未来が待っているとかいないとか。