デビューする前から2歳馬の番付とやらを発表し、勝手に話題性を煽る某スポーツ紙のスタンスはあまり好きではないが、そういう意味ではアークライトも犠牲者なのかもしれない。
昨年の「横綱」としてもてはやされるも、新馬戦から惜敗を重ねているうちに月日は流れ、とうとう同期が日本ダービーを争う時期になりながらも勝ち上がれず。
条件をガラリと変え短距離戦にシフトした前走はそれが完全に裏目に出て、とうとう10着を喫することになった。



3歳未勝利戦は今週で終了。

もう後がない中で今度は初ダートへのチャレンジである。
ディープインパクト産駒で桜花賞馬ハープスターの弟という血統背景からも、ダート適性に対する裏付けは皆無。せいぜい芝での決め手のなさを補うのに得策な程度で、これまでダートを主戦場にしてきた馬との戦いで分があるとはとても思えない。

ここまで来るともう泣けてくる。

よりによって、初勝利まであと一歩な馬たちが揃っている。メモリーエアシップ、セブンデイズ、リツィタル、メイショウケンジャ、ブラッティーキッド..この夏だけでも善戦を続けてきた馬たちだ。万が一、これらを負かしてアークライトが勝ち上がろうものなら上のクラスでも有望なんじゃないかと。

何を隠そう、僕も昨季のPOGで苦い思い出を共有した一人。最後までその行方は見守りたいと思う。