2歳G1から来季のクラシックにも関連する一戦になりそうですね。

新潟2歳Sを制したのはセリフォス。スタートで少し出遅れたものの、中団インでじっと我慢し直線はインへ。他馬が避けて通ったラチ沿いを通って差し切り勝ちを収めた。

この完成度の高さとソツのなさ、これぞ優秀なダイワメジャー産駒ですわ。

上がり3F32.8秒はスローペースによるもので過剰にもてはやす数値ではないが、控えて末脚を伸ばす戦法で結果を残せたのが大きい。恐らく暮れの目標は朝日杯FSになるだろうが、自信を持って臨めるのでは。



将来性という意味ではアライバルも負けてはいない。勝ち馬と同じくらいのポジションからレースを進めたが、トップスピードに乗るのに時間を要した分だけ間に合わなかった印象。末脚の威力は十分なものがあり、どちらかといえば坂のあるコースで持ち味を発揮しそうなだけに悲観は無用。

戦前に「あまり数は使えないタイプ」と栗田徹調教師もコメントしていたことからも、賞金を加算できたのは大きい。この馬は朝日杯がドンピシャな気がするんだけど..今後はどうするんでしょうね。

オタルエバーはスローの逃げに持ち込むも、決め脚の差で突き離された。幸さんとしても理想は番手だったようだが..どうせならもうちょっと速い流れを作ってもよかった気がする。

4角最後方から追い込んできたスタニングローズが5着。スタート直後のポジションを下げる形になったのが響いたが、これだけの脚を使えれば次以降も期待できそう。
ウインピクシスは好発を決めながら徐々にポジションを下げてしまったのがもったいなかった。いずれにせよこのスローペースでは切れ負けしていたかもしれないが、せめて前で競馬をするところが見たかった。
案外だったのはクレイドル。ポジションも取れず後方からの競馬となり、直線でも伸びる気配がなかった。馬体も大幅に増えていたし、今回は力を出せる状態ではなかったかもしれない。



セリフォスとアライバルのポテンシャルはG1でも十分に通用するものがあると強く印象付けられる一戦でした。このまま順調に素質を伸ばしていってもらいたいです。