先週はソダシ&ヨカヨカが大活躍を見せた3歳牝馬。次はこの馬の出番、なのだが..

メイケイエール。大丈夫でしょうかw

重賞3勝の実績が示す通り能力は十分。ただ、年明けのチューリップ賞から気性面がどんどん手がつけられなくなり、桜花賞は暴走を制御できずシンガリ負け。自らが崩れるだけならまだしも、他馬にも迷惑をかけてしまったのはいただけない。

それだけに、どうしてもこの馬については厳しい目を向けてしまいがち。
調教再審査は問題なくパスできたわけだが、実戦になるとやはり心配。完璧に折り合うのは難しいとは思うが、どうか周りを巻き込まないように。あと武豊が騎乗停止にならないようによろしくお願いしますよ。



同じく3歳牝馬で有力視されているのがレイハリア。未勝利戦からの3連勝で葵Sを制し、鞍上の亀田温心に重賞初勝利もプレゼントした名コンビである。相手は強くなるが、前走でヨカヨカを負かした自信を持って臨みたい。

実績面ではダイアトニックだが、1年近くのブランク明けとあって陣営は控えめ。ならば安定した末脚が頼りになるミッキーブリランテを中心に据えるのが得策か。あとは昨年の勝ち馬エイティーンガールあたりが一発候補。

出馬表を見ていると函館スプリントS→TVh賞→UHB賞と連戦で頑張ってる馬が多いですね。今年の北海道は異常に暑い時期もありましたし、このハードなローテをこなしているのは立派。そんな努力が報われる結末もアリですね。