新潟芝1800m戦だけあって良血馬が揃った新馬戦。

先月のラジオNIKKEI賞を制したヴァイスメテオールの半弟イクイノックスの評判がいい。1週前にクロンターフ(日曜の五頭連峰特別に出走)を追走し同入したように調教も動きも良好。勝ち上がる産駒も増えてきたキタサンブラック産駒からまた大物が出てくるだろうか。

重賞勝ち馬のリバティハイツや昨年クラシック候補と期待されたランドオブリバティの弟にあたるキングズパレスも水準級には動けそう。放っておいてもそこそこの結果はついてくるタイプと見た。

それから「サトミホースカンパニー×友道康夫厩舎」の初タッグとして話題を呼んでいるサトノヘリオス。こちらもまずまず体勢は整ったが、同厩の2歳馬に好素材がうじゃうじゃいるせいでそれらに比べるとややトーンダウンは避けられない雰囲気。スパッと切れるよりパワータイプかなとも思っている。



それらを相手に密かにチャンスをうかがっているのが、国枝栄厩舎の牝馬サークルオブライフである。千代田牧場生産のエピファネイア産駒。
母シーブリーズライフは現役時代クロッカスSを制すなどの活躍を見せたが、兄姉には目立った活躍馬がいない。それでも追い切りの動きが上々で、1週前に古馬を大きく追走して同入に持ち込むなど非凡な脚力を秘めていそうだ。

国枝調教師も「追うごとに動きは良くなっている、初戦から期待」と手応えありありな様子。思わぬ血統から新星誕生となるか、楽しみにしたい。