土曜の夜はたぶん更新ができないので今のうちに日曜分もアップしておきます。勤勉。

一番のヤマ場はダンテスヴューの新馬戦です。新潟5R。今の時点では天候がどうなっているか読み切れませんが、まあ不良馬場は不可避。瞬発力に長けたタイプだけにいい馬場でやらせたかったですけど、早いうちに道悪を経験しておくのも悪い話ではあるまい。
相手関係もノーザンF系列のクラブ馬不在で気を使ってもらった感じw 追い切りの時計だけ見ていると、ドゥラメンテ産駒のエルゲルージやミナモトフェイスあたりが要警戒となるかな。

ともかく、秋に備えて勝ち上がってくださいな。





小倉の新馬戦も要注目。新たな「安心と信頼の」名繁殖牝馬になりつつあるマラコスタムプラダの仔スパイダーバローズがデビュー。グラティアスの全弟になりますね。
早くからCWでラスト11秒台の時計をマークしており、さすがと思わせる動き。最終追いは坂路で遅れてしまったのが気がかりではありますが、確実に走ってくる血統ですしね。馬場だけ心配だけど。

池江泰郎さん所有のディープインパクト産駒として話題になっていたオールタイムハイ。こういう日本近代競馬のロマンの結晶みたいな馬が走ってくれればうれしいなと早くから注目していたんですけど、聞いていた通りサンデーサイレンスにそっくりですね。人と馬の血のつながりを感じます。
ただ、入厩してから「切れより長く脚を使うタイプ」という地雷ワードが出てきたのが痛恨。勝ち上がりは望めても大舞台では厳しいことになるんじゃないかと..

もう一頭、広尾レースさんのキタサンブラック産駒ドグマも評判いいですね。他馬がじっくり構えてるところをサクサク先行したら押し切れるかもしれん。何となく雨も強そうw

札幌のホウオウプレミアはどうなんでしょう? 調教だけ見てるとそこまで..なんですが。

新潟で未勝利を使うリアグラシアは2戦目で勝っておきたい。ニシノラブウインクが強敵かと。



関屋記念と小倉記念をここまで後回しにしてしまう競馬ブログってどうなの。でも馬券も買わないし、そこまで語ることもなくね? どうせ雨ですしまともに論じる意味すらあるのかどうか。
とりあえず関屋記念は3歳牝馬の舞台ってことでソングライン。あとは中京記念で川田将雅が絶妙の騎乗を見せた後に岩田望来に戻るアンドラステな。すごい重圧。
ロータスランドは広いコースのマイル戦で見直したいし、流れ次第ではグランデマーレが押し切っても不思議ではない。

そして関越S3着で大波乱を巻き起こしたソッサスブレイが密かにその再現を狙っている..w

小倉記念は10頭の少頭数。ヴェロックス浜中俊の復活劇が見たいような、厳しいような。人気はエプソムC3着のファルコニアですけど、気になるのは格上挑戦のグランスピード。雨のキズナ産駒をナメてはいけない。



その他のレース。

■ 小倉7R: 3歳上1勝クラス
新馬戦でシャフリヤールと一騎打ちを演じたヴィヴァンが復帰。この馬も無事ならOPへ。

■ 札幌11R: UHB賞
アヌラーダプラは早く重賞に出るべき馬。ここはきっちり勝ち切りたい。

■ 札幌12R: 藻岩山特別
前走圧勝のソーヴァリアント、ここもあっさり通過。