噂通りの走りでした、ルージュスティリア。



日曜新潟5Rの芝1800m戦。思わぬ好スタートを切ったことで序盤は引いて出ての少しチグハグな競馬になったが、どうにか好位で落ち着いての追走。直線に入ってからも楽な手応えのまま早めに先頭に立ち、2着スターズオンアースの追撃を楽に振り切っての快勝だった。

「下手に乗ってしまった」とは福永祐一のコメントだが、レース前から感じていた素質を改めて確認することができた様子。ディープインパクト産駒の実質的なラストクロップに、最後の衝撃が走る予感が高まってきた。



POGではこういう逸材を指名しなければならないのだが、あえなくチェックしきれず。ただ検討段階で「社台牧場..はて?」と疑問を抱いたことは覚えている。過去にはユウトウセイやダービーレグノといった重賞勝ち馬を輩出してはいるものの、年間の勝ち数も一桁にとどまっており、まさかここから超大物が出てくるなんて誰が信じられるかって話ですよ。育成もノーザンFじゃないんでしょ? うん、やっぱり新馬戦開幕前にこれ指名するのは無理。と自分に言い聞かす。

netkeibaの後出しPOGではちゃっかり取らせてもらいましたけどねw

続く新潟6Rでも同じ藤原英昭厩舎のサブライムアンセムがデビュー。こちらも追い切り時計は上々だったのだが、レースでは末脚を伸ばせず4着に終わってしまった。うーむ、もっと動けそうな感じだっただけに意外。
勝ったのは単勝12番人気のアメリカンペイトリオット産駒ボンクラージュ。スローペースの逃げから後続を突き離す完勝だった。2着はゴールドシップ産駒のマリネロ。速い上がりの勝負にも適応し、次以降が楽しみ。

未勝利戦ではベルクレスタが2戦目でしっかり勝ち上がり。強かったですね、本来の末脚を発揮。これなら軌道に乗っていきそうな予感。と同時にセリフォスの評価もアップ。

函館ではキーファーズ軍のロンが新馬勝ち。三嶋牧場産のシルバーステート産駒で石橋守厩舎とはなかなか渋いところを突いてきたなw
ところがこれが強かった。楽にハナを奪うと、そのまま影を踏ませず逃げ切り。相手関係や展開など、恵まれた部分はあったにせよ次も楽しみにしたい素材である。