まずはコリエンテスらの出走で注目を集めた土曜新潟5Rから。

オタルエバー強すぎw

調教の時計からも仕上がっているのは確かだったが、素質馬が揃った一戦で4馬身差の逃げ切り勝ち。展開利に加え前が止まらない馬場の恩恵もあったとは思うが、それらを差し引いてもインパクト十分な内容だった。

コリエンテスは悲観無用。これだけの期待馬が初戦から結果だけを求めたレースをするわけにはいかない。好発を決め、スムーズに好位で流れに乗れただけで今回は十分。それに勝ち馬がいなければ3着以下には決定的な差を見せつけてもいるわけだし、最後もしっかり伸びている。

次は秋の東京になるかなと思いますけど、そこで改めて実力発揮となるでしょう。

プルサティーラも直線で追い出しを待たされたロスがあっての3着。ただ、スローペースのマイル戦は最も得意な条件のようにも映るのでもう少し差を詰めるところは見たかった。阪神ジュベナイルFや桜花賞を見据える上では物足りない敗戦。



続く6Rでも幸さんのアネゴハダが勝ってうれしかったw

昨年もこの2場開催の新潟では調子が良かったので、今週以降も期待したいですね。アネゴハダはキズナ産駒で芝でもやれるか。次は小倉2歳S参戦が予定されているとのこと。

未勝利戦でも光る素材が。まずは1Rジャズブルース。貴重なオウケンブルースリ産駒が芝1400mでレコードをマーク。この馬に関しては将来性どうこうという観点ではなく、勝てただけでもすばらしい。

それから2Rのグランシエロもハーツクライ産駒らしい大物感を漂わせる内容で圧勝。思い切り内斜行してましたがw この馬を新馬戦で負かしたヴァーンフリートの評価も上がりますね。

函館では1R未勝利戦でフィフティシェビーのロングスパートが見事に決まった。この馬もヴァーンフリート組。タピット産駒だけにゆくゆくはダートかもしれないが、昨年のバニシングポイントは迷走に突入しただけに使い方は慎重に。
アスクワイルドモアはあと少し早く進路を確保できていれば。次は順番でしょう。

5R新馬戦では貴重なアロゲート産駒のポイズンアロウが人気を集めたが、勝ったのはカズラポニアン。この時期のダート1700mは動ける馬とそうでない馬の差が激しく、ここも5馬身差の圧勝劇に。今後どれだけ上積みがあるか見ていきたいですね。



日曜の新馬戦は新潟5Rにジェンティルドンナの弟メトセラらが出走し話題となったが、勝ったのはサトノアラジン産駒のレディバランタイン。馬場も意識して早めに動いたのが正解だった。
1番人気のサトノジークが2着で、2番人気のレヴァンジルが3着。どちらもややインパクトには欠ける内容で、今後の変わり身があればってところですかね。メトセラもまあこんなもんかと..

6Rはサンビスタの仔ジレトールが早めの抜け出しを図るも最後は失速。モーリス産駒の伏兵ファンデルが勝ち、2・3着にも人気薄が入り大波乱に。

未勝利戦のプルパレイとラクスバラディーの一騎打ちは見応えありましたね。機動力に優るプルパレイが先に抜け出して余力たっぷりに押し切り。うむ、こっちが勝つと思ってましたよ本当に。
ラクスバラディーは姉同様、直線の短いコース向きかも。現状はやや切れに欠ける印象。

そして函館の新馬戦はダイワメジャー産駒のトップキャストがハイペースを刻んで逃げ圧勝。後続がどんどんふるい落とされていくタフな競馬でした。なんちゃらキャストと名のつく牝馬が逃げるとオールドファンが喜ぶとか何とか。
1番人気だったアリシアンはこのペースを2番手から追っかけて失速。これは仕方ない。



最後になりましたけど、先週末の深夜番組で福永祐一がレッドベルアームを褒めちぎってたらしいですねw 新馬戦の返し馬で「コントレイルやシャフリヤールと同じ雰囲気を感じ取った」的などうのこうの。詳しく知りたい方はnetkeibaの掲示板でも覗いてみてください。そこまで手応えつかんじゃいましたか。これはますますペーパーオーナーとしては楽しみが膨らんできました。