年に一度の千直重賞だけに毎年楽しみなアイビスサマーダッシュだが、今年のメンバー構成を見渡せば格上挑戦の馬も多くハッキリ言ってレベルは高くない。1勝クラスでさえ大敗続きの馬が出てきているのは正直どうなのとすら思う。

それだけに「千直の王」ライオンボスの2度目の制覇に期待したくなる。前走は同じ舞台で崩れたが、57kgでここ照準の仕上げなら巻き返せる可能性は十分。2年前は直前の落馬負傷で騎乗できなかった鮫島克駿とのコンビで勝てればハッピーエンドなのだが..
唯一、気になるとすれば過去の傾向として「前走で好走している馬が強い」ということ。夏は格より調子という言葉があるように、勢いに乗っている馬が優勢というのが傾向として出ているのかもしれない。

それを踏まえるとオールアットワンスあたりが浮上してくる。あとはタマモメイトウ、モントライゼなどなど..全然おもしろくないですねw



新馬戦は新潟5Rから。血統的にはジェンティルドンナの半弟メトセラが注目。ハードな追い切りを消化し、体力面では充実していそうだが果たして実戦でどうか。ちょっと様子を見たい。
コンジャンクションやサトノジークあたりが初戦から動けそうな気配。レヴァンジルはまだ地味な印象だが..

新潟6Rではダート女王サンビスタの仔ジレトールが芝で走れるかどうか。ワンダフルタウンの妹ブルーグラスは調教が今ひとつ。
土曜の新馬戦を連勝した幸さんはアンブロアジーナに騎乗。こちらはまずまず臨戦態勢が整った。あとはヴィブラフォンも仕上がりが良さそう。

函館5Rはアリシアンがいい動きを見せており初戦から有力視できそう。三代母はブラダマンテ。スティルインラブと同じ牝系だけにこっそり応援したい。

あとは新潟1Rの未勝利戦にラクスバラディーとプルパレイが出走。雰囲気はラクスバラディー優勢だが個人的にはプルパレイが上と見ている。



その他のレース。

■ 新潟10R:糸魚川特別
レイパパレ記念となった糸魚川特別。今年も大物誕生となるか。
期待を集めるのはランドオブリバティだが、ホープフルSの逸走以後は凡走続きでややトーンダウン。このクラスならどうにかしたいが、ちょっと様子を見たい。
むしろタガノディアーナの方が信頼できそう。前走もステューティとの一騎打ちを制する強い内容だった。

■ 函館11R:UHB杯
昨年この函館で衝撃的な未勝利勝ちを収めたハギノリュクスが帰ってきた。準OPでは苦戦中だが、小回り1700mなら一変があってもいい。すんなり運べれば圧勝も。



土曜の新馬戦はコリエンテスもプルサティーラも敗れる波乱の結末。マイペースで運んだオタルエバーは強かったですね。
ただ、2頭とも勝ち急ぐというよりじっくり脚の使い方を教えているような騎乗にも見えたので、これが実力とは思えません。

それから函館メインTVh杯のヴィントヴォーチェは強かった。疑ってスマンかったw この勢いでキーンランドCに転戦しても好勝負あるで。

今日の午後はオリンピックのサイクルロードレースをのんびり見てました。世界の名だたる選手たちが、日本の典型的な住宅地や郊外のさびれ気味な観光地を猛スピードで駆け抜けていく景色は新鮮かつ妙な趣がありました。

それでは明日もよい競馬を。