G1昇格後はメンバーのレベルも上がり、傾向がわかりやすくなったホープフルSの馬券に初チャレンジ。

関連エントリ:
■ 【展望】波乱の要素はナシ、純粋な才能の勝負/ホープフルS


展望エントリでも書いたとおり、シンプルに強い馬を買えばいいと思うんですよね。上位人気はダノンザキッド・オーソクレース・ランドオブリバティ・ヨーホーレイクあたりが占めると思うが、中でもランドオブリバティを中心に据えたい。
同条件の芙蓉Sを圧勝した内容がとてもよい。ポンと好スタートを決めて2番手を確保すると、道中の折り合いもスムーズに追走。4角でもう抑えきれないくらいの手応えで先頭に躍り出ると、直線でも後続を寄せ付けず3馬身半差の完勝だった。器の大きさを感じさせると同時に、ソツのない競馬ができる点が大きな武器。ライバルがスタートや折り合いに不安を抱える中でこれは大きい。

G1勝つならここやぞ三浦皇成!

オーソクレースは対象的に荒削りにも程がある。今回も出遅れは覚悟しなければならないだろう。最内枠であることも考えると恐らく最後方からの競馬になるはず。強引に3角手前から押し上げていく形になると思うが、それでもゴール前はしっかり伸びてくるだけの脚力はある。無難にまとめられれば来年はこの馬の時代。

逆にダノンザキッドは現時点での完成度が強み。その一方でかなり気性が勝ったタイプのようで、距離延長は歓迎とは言えないだろう。仮にここではゴマカシが利いても来春になると厳しい。

◎ ランドオブリバティ
◯ オーソクレース
▲ ダノンザキッド

ヨーホーレイクはそもそもそんなに強いと思ってなくて、ましてのんびりしたタイプで武豊のハンドリングとなると後ろから大外を回るいつもの競馬でしょう。それで間に合うとは思わないし、決め脚ならオーソクレースの方が上。シュヴァリエローズもこの距離このコースで好走するイメージはあまり沸かない。完成度は高いが。
タイトルホルダーやアドマイヤザーゲにも印は回したが、上位3頭とは差がある印象。

ならば3着争いの一角としてマカオンドールの台頭はないか。阪神JFでもユーバーレーベンが善戦したように、ゴールドシップ産駒の大駆けに期待したい。時計のかかるツーターン、ここで走らずどこで走るかと言いたいほど条件は揃った。

△ ヨーホーレイク
△ タイトルホルダー
△ アドマイヤザーゲ
△ シュヴァリエローズ
★ マカオンドール

馬券は◎から◯▲の馬連が大本線。◎◯▲の3連複も厚めに持っておく。あとは◎から△への馬連を押さえに。★からの3連複がお楽しみ馬券。

阪神Cに中山大障害と盛りだくさんな一日なので明日はじっくり楽しみたいですね!