勢いに乗って有馬記念の有力馬について簡単に語っていこうシリーズ。天皇賞で好走したクロノジェネシス・フィエールマンに次ぐ支持を集めそうなのが、エリザベス女王杯連覇を果たしたラッキーライラック。
これがラストランになるみたいですね。2歳の夏デビューから約3年半、ずっとトップクラスで走り続けたのは本当に偉大ですし、エリザベス女王杯でも貫禄勝ちを見せたように、衰えた様子もない。
ただ、中山2500mで牡馬相手に互角以上の走りを見せるだけの「重厚感」があるのかは判断が難しいところ。ましてペースが速くなって消耗戦になればなおさらのこと。この春に大阪杯を勝っているとはいえ、いい馬場で淡々とした流れを内から差し切ったレース内容は今回の条件とはリンクしない。

それに、「テン乗り」はなぜか日本ダービーと並んでタブーとされる有馬記念。福永祐一へのスイッチは減点材料と見るべきだろう。鞍上の手腕どうこうではなく、ルメールを続投させるだけの色気をサンデーレーシング陣営が持っていないと捉えるべきだ。

上位人気勢の中では最も評価を下げたいと考えている。ラストランは無事に終えられればそれでよいのではないだろうか。