勢いに乗って有馬記念の有力馬について簡単に語っていこうシリーズ。クロノジェネシスに続いては天皇賞で2着に入り改めてその実力を示したフィエールマン。
まず前走の話をしておくと、この馬のこれまでの成績がいい「隠れ蓑」になってましたよね。G1勝ち鞍が菊花賞と春の天皇賞ということで、いかにもステイヤーという印象を与えてましたけど、これってノーザンファームの陣容の中から長距離担当を言い渡されていただけで、2000mでも対応できる可能性は十分あった。
ただ、いきなりG1で適応できるかという点と、オールカマーをパスしてローテ再編を余儀なくされたのが懸念されて評価を落としていたと。それがあの追い込みで2着ですからね。しかも外に出すのに手間取って追い出しも遅れた。正直アーモンドアイ以上のインパクトを残したレースだったように思ってます。

レースを使う数が限られていて、我々もなかなかその強さを実感できずに5歳の暮れを迎えてしまいましたが、持っているポテンシャルは相当。まだ衰えも感じさせません。東京や京都の上がりの速い競馬が得意とはいえ、昨年も早めにアーモンドアイを負かしに行く競馬で4着とそれなりにまとめた感。今年はさらに馬場も傷んでいるようだが、内に突っ込む馬でもないので大丈夫かと。

何より鞍上が最強のパートナー・ルメールですよ。たぶんスローペースになったら2角くらいからジワッと押し上げていく得意技を使うんじゃないかな。そうなったらチャンスですね、サトノダイヤモンドみたいな勝ち方ができるんじゃないでしょうか。