有馬記念に負けず劣らず楽しみなのがホープフルS。今年は有馬記念の前日に組まれているのもいいね。来春のクラシック候補も出てきているし、馬券のモチベーションも高いですよ。過去ほとんどまともに買ったことのないレースだけど。

特にG1に昇格してからの3年を見て思うのが、「純粋な才能の勝負だな」ということ。過去の結果を見返しても、「あれ、どうしてこの馬がこんな凡走したの」とか「このレースだけ頑張ったけど、その後はさっぱり」みたいなケースが見当たらない。賞金も増額されたことでよりレベルの高いメンバーが集まるようになり、そんじょそこらの伏兵では太刀打ちできない結果が続いている。この時期の中山2000mというタフな条件設定も効いてるよね。

今年は特に上位人気馬が強力。東スポ杯2歳Sを楽勝したダノンザキッド、アイビーSで非凡な勝負根性を見せたオーソクレース、同じ舞台の芙蓉Sを圧勝のランドオブリバティ、関西で2連勝のヨーホーレイクらハイレベルな顔ぶれになった。これらの争いの間に割って入るのは容易なことではない。

あとは、どの馬を選ぶか。ここまでの2歳戦を見てきた己のセンスにかけて、勝ち馬を見つけ出したい。ある程度その答えも見えてきているけれど。

関連エントリ:
■ 【POG】2歳G1直前企画!2021クラシック候補ランキング:牡馬編