「モーリス四天王」の一角、シンハライトの初仔セブンサミットが土曜阪神の未勝利戦で2着。ついに上昇の兆しを見せた。

関連エントリ:
■ 【POG】セブンサミット戦線復帰、果たして大激変はあるか..


何がいいって、積極的にハナを奪ったことな。これまでの2戦はどうにも前進気勢に欠ける印象だったが、今回は鞍上に促されながら馬群を引っ張る形に持ち込めた。恐らく福永祐一もこの形でいくと決めていたのだろう、スタートはあまり速くなかったが手綱を押して先手を取り切った。
中盤はスローに落として直線の追い比べに。ずっと惜敗を続けてきたショウナンアレスには捕らえられたが、自身も上がり3Fは34.5秒をマークし、3着には3馬身半差をつけての入線を果たした。この内容なら初勝利は近いし、必ずしも逃げに拘る必要もない。積極的な競馬が好走のカギとなりそうだ。

今後は未定ながら、早いうちに初勝利を狙ってくることだろう。少なくとも石坂正調教師の引退までに勝ち上がるのはマストなはず。

関連エントリ:
■ 【週末雑談】二冠馬の再始動、そして未来の名馬がヴェールを脱ぐ/神戸新聞杯ほか
■ 【POG】セブンサミットは黒星発進もラストの伸びに光明/先週の2歳戦ダイジェスト
■ 【POG】シンハライトの初仔セブンサミットの調子はどうなの