ルメールもこんなキチゲ開放するような大逃げを打つことあるんだなというのが率直な感想w 今後のためにもマイルはこなしたかったモントライゼだが、不本意ながら玉砕してしまう結果に。



勢いよくハナに立ったところまでは、「ほうメジャーエンブレムやレシステンシアと同じパターンか?」と思ったが、最初の3Fが33.7秒と計測され、以後もグングン後ろとの差が広がっていくのを見て察した。これで今後は1200〜1400mをターゲットに使っていくことになるだろうが、この大逃げが悪影響を残さないかも心配。

バスラットレオンは手応えアリの4着だったのでは。前を捕らえられず、後ろにも差される内容ではあるが、マイル適性の高さは感じさせた。次は早速シンザン記念かという話にもなっているらしく、どこかで賞金を加算して来春はNHKマイルCへという流れが理想的。引き続き坂井瑠星とのコンビで成長していってくれれば。しつこいようだが差す競馬も試してほしいけどねw

関連エントリ:
■ 予定変更、朝日杯FSはバスラットレオンに騎乗!/今週の坂井瑠星


スプリント路線でという意味では5着のブルースピリットも楽しみ。バタッと止まっても仕方のない展開ながら、踏ん張って掲示板を確保する奮闘。逆にドゥラモンドはマイル戦のスピード決着だとしんどかった。大きく崩れてはいないので、適鞍に戻れば見直せる余地も。
コンスタントに走れていたホウオウアマゾンが大きく崩れたのはコンディション面にも問題があっただろうか。これまでのレース内容から考えても、主導権を握る競馬がしたかった。

ビゾンテノブファロはさすがに何もできず。またどこかで掲示板を狙えそうな弱メンの番組で会いましょう。ホープフルSにも登録してるけどw

関連エントリ:
■ 【回顧#1】「目覚めた天才少年」グレナディアガーズが狙い通り2歳王者に/朝日杯フューチュリティS
■ 【回顧#2】ステラヴェローチェの収穫とレッドベルオーブの限界/朝日杯フューチュリティS