だいたい思い描いていた通りの勝利。これぞスマイルカナである。

関連エントリ:
■ 【展望】先手必勝スマイルカナ、自慢のスピードと異次元の粘りを/ターコイズS


決してスムーズなレースではなかった。好発からハナをうかがうも、外からクリスティ(馬体も勝負服も見ているややこしさ)と、さらに大外発進のトロワゼトワルが競りかけてきたことで3番手に控える形。それでも、バテた2頭に代わり早めに先頭に立つと、最後は内から伸びてきたアンドラステの追撃をハナ差だけ抑えてゴール。フェアリーSに続く重賞2勝目を、同じ舞台で挙げることになった。

健気さあふれる3歳牝馬である。過酷なコンディションで行われた桜花賞で、ハイペースで逃げての3着。G1を連戦したあと、夏の阪神で古馬相手の米子Sに出走し勝利と若くして厳しい経験を積み重ねている。その根性、粘り腰は今後もこの馬の武器になることだろうが、くれぐれも無理はしないように..
来年の目標はヴィクトリアマイルということになるだろうが、速い上がりでまとめるのは苦手なタイプだけに適性面では少し疑問。それでもチャレンジするべき舞台であることは間違いない。



2着のアンドラステは惜しくも届かず。息の合う岩田望来とのコンビで重賞初制覇かと思わせたが、また次のチャンスまでお預けに。フェアリーポルカはマイル戦は少し忙しそうな印象だったが、うまく立ち回って3着。この先の愛知杯→中山牝馬S→福島牝馬Sの黄金ローテが本番。ランブリングアレーも今回は距離が短かったとのこと、同じ路線がメインターゲットになりそうだ。