ホープフルSがG1に昇格して以降、ダノンプレミアム、アドマイヤマーズ、そしてサリオスとハイレベルな勝ち馬が誕生している朝日杯フューチュリティS。展開や馬場に恵まれただけでは勝てないレースであることを物語っている。




単勝1番人気に支持されるのはレッドベルオーブになるだろう。高速決着のデイリー杯2歳Sを制した実績に加え、未勝利戦を勝ち上がった際の内容が濃い。かなりスピードが強調された印象のあるディープインパクト産駒で、同厩舎の「幻の大器」シルバーステートを思い起こさせるものがある。
全兄レッドベルジュールも昨年デイリー杯2歳Sを制した後このレースに挑むも大敗。以後はノド鳴りに泣かされ早々に現役を退くことになった。そのイメージもあってか、どうしても無事に力を出し切れるかが心配になってしまうのだが、まともなら上位争いは必至。

道悪を苦にしないバゴ産駒のステラヴェローチェにとって、サウジアラビアRCの勝利は必然だった。それでも横山典弘いわく「良馬場の方がいい」とのこと。スピード決着にも自信を持って臨む。どっしり構えて直線勝負、パワフルな末脚が決まるシーンも十分にイメージが浮かぶ。
デイリー杯2歳Sではレッドベルオーブに屈したホウオウアマゾンは引き続き自ら主導権を握って勝負できるのが強み。前のマークが緩むようなら押し切っても不思議はない。同じく先行して勝負に出るであろうモントライゼは初距離がどう出るか。前走の京王杯2歳Sはゴール前で際どく詰められる形になったが..

武豊と朝日杯といえばどうしても初勝利なるかの話題になるのだが、2戦2勝ドゥラモンドも勝機は十分。ただ、前走のアスター賞がそこまでインパクトのある内容ではなかっただけに、相当のポテンシャルを隠し持っていないと通用するのは難しいと見た。

むしろおもしろいのはラジオNIKKEI杯2歳Sの敗戦で評価を落としているバスラットレオン。別エントリでも書いたが、この馬はタメた方が持ち味を出せそうな気がしている。距離短縮も含めてハマればおもしろい。半ば強引に坂井瑠星を乗せてきた陣営の執念が実りますように..w

関連エントリ:
■ 予定変更、朝日杯FSはバスラットレオンに騎乗!/今週の坂井瑠星




一応の結論としてはステラヴェローチェを中心に。展開や馬場を考えても、恐らく上がり3F34秒前後の脚で間に合うだろう。ノリさんが変なことしなければw レッドベルオーブとの順当決着が濃厚ながら、崩れればホウオウアマゾンかモンとライゼの台頭がありそう。そして一発候補にバスラットレオン。

最後になったが、現2歳世代屈指のネタ馬であるビゾンテノブファロがこの2歳王者決定戦に勇躍エントリーしてきた。しかも鞍上に山田敬士を迎えて..w 前売り時点で単勝300倍オーバーのシンガリ人気ではあるが、早くも11戦目を迎えるキャリアの集大成として悔いのない走りを。得意の4着芸が見られれば実質優勝。

関連エントリ:
■ ビゾンテノブファロとかいう意味のわからない2歳馬www