我がライバル陣営の一頭であるローウェル。夏ごろは確か喉頭蓋エントラップメントを発症していたとかで、ちょっと苦しくなりそうかなあなどと考えていたのだが、なかなかいい状態でデビューを迎えられそうだ。



1週前の追い切りがCWで[83.6 67.6 51.5 37.6 12.1]の好時計。OP馬リュヌルージュを追走して先着と中身も濃く、新馬戦はもちろんその先まで十分に通用しそうな雰囲気だ。
netkeibaの掲示板をさかのぼってみると、どうやら入厩直後は時計もイマイチで少し暗雲も漂いかけていたのだが、1週前で前述の通り一気に良化。これはテンション上がるやつやw

兄ラウダシオンはデビューからマイル路線に絞って活躍したが、父がキズナに変わったことでスピードを武器にしながらも距離はもう少し融通が利きそうではないか。

どうかお手柔らかにお願いしますw