関連エントリ:
■ 【週末雑談】完成度のソダシか、将来性のサトノレイナスか/阪神ジュベナイルF


ゴールの瞬間は「出た!」と思ったが..w

白毛のソダシが先に抜け出したところを、内から末脚を伸ばしたサトノレイナスが襲いかかる..内と外で離れた2頭が並んでゴールに飛び込んだが、わずかに先着したのはソダシの方だった。白毛馬による初めてのG1制覇。「勝つならここしかない」と思っていただけに、割と素直に偉業達成を祝福できている。
ゴールドアクターの有馬記念以来となるG1勝利となった吉田隼人。しばらく足踏みが続いていたが、現状を打破するために関西の厩舎とのパイプ強化に務めた結果が、この勝利につながった。思えば流れを変えたのも函館記念のアドマイヤジャスタでの大駆けから。須貝尚介厩舎の信頼をつかみ取ったことから全てが始まった感。


ただ、しつこいようだがソダシの時代はここまで。完成度と立ち回りの上手さで2歳女王の座に就いたが、来年さらにレースレベルが上がると限界が訪れそう。

少なくとも桜花賞の時点ではサトノレイナスが上回っているであろうという確信は得られるレース内容だった。危惧していた通りスタートは遅かったが、ルメールが促しながらポジションを確保すると、道中はソダシをピッタリとマーク。直線でゴーサインが出てからも少し反応が鈍くなりながらも、内を突く形で末脚を伸ばし、全く馬体を並べて入線するところまで追い詰めた。
この日の阪神の馬場を考えるとソダシのような先行タイプに有利なのは明らか。厳しい条件でもあそこまで差を詰められたのだから「勝ったも同然」。収穫たっぷりの2着だった。
それにしてもルメールの騎乗もお見事。のんびり外を回しているようでは届かないだろうなと考えていただけに、馬群を捌いて勝ちに行く「ガチ乗り」は圧巻だった。来年を見据えてどっしり構えていくかなとも想像してたけど。



3着はユーバーレーベン。ゴールドシップ産駒の銅メダルといえばオークスのウインマイティーに次ぐ二度目の激走である。まさかこの高速決着で突っ込んでくるとは思わんかっただけにうれしい。ツーターンのフラワーCあたりがお似合いと思っていたが、今後は果たしてどういうローテになるのだろう。G3の2着があるとはいえ、どこかでもうちょっと賞金は加算しておきたいところ。

メイケイエールはかなりのクセ馬。武豊の試行錯誤が伝わる乗り方だったが、それでも前半かなり行きたがる素振りを見せていた。あれでも最後まで末脚を伸ばしてくるのだから能力は確か。あとは気性面でどう成長を促していくか..武英智厩舎の手腕次第。

九州産馬ヨカヨカの5着も偉業といっていいだろう。ペースや馬場の恩恵もあっただろうが、それでも自ら馬群を引っ張って掲示板に載るのは実力があってこそ。来年も条件次第では見せ場がありそうだし、何よりもう賞金は十分に確保できている点も大きい。

ジェラルディーナはテンに置かれてシンガリからの競馬となったが直線は脚を使って7着。こういう極端な競馬は額面通りに評価すべきではいが、メドは立てた印象。坂路もよく動けるようになってきているし、桜花賞までにどこかで重賞に手が届いてもおかしくないと思っている。
人気どころで案外だったのはインフィナイト。ポジション取りはイメージ通りだったが、追われてから伸びず。やはり血統的にパワー馬場の方がいいということだろうか。



上位陣は来年を見据えてどんなローテを歩むんでしょうね。近年の流れでは賞金さえ足りていれば直行がデフォになりつつあるけど。特に国枝栄厩舎&ノーザンF天栄のコンビはぶっつけのノウハウも構築できているだけに、わざわざチューリップ賞を挟むようなこともなさそうな。逆にソダシは従来どおりの王道ローテで行きそうな気も。

いずれにしてもサトノレイナス勢としては楽しみが膨らむ一戦だった。これで流れに乗れず末脚も伸ばせずではしんどいと思っていただけに、本当に手応えが得られてよかった。どうか無事に春を迎えられますように。