今年は世界情勢的に遠征は難しい中、それでも日本馬が香港参戦を決断した。出走を決めた馬、自重した馬の顔ぶれを見ると、基本的にノーザンF系列のクラブ所有馬は全部パス。また、ルメールを連れ出すのも困難という判断だったのだろう。現地の騎手にバトンタッチして問題のない馬が基本的には揃った。
そんな中、クラブ馬+日本人騎手という異質な組み合わせで挑むウインブライトの「香港への執念」は並々ならぬものを感じる。国内のG1では分が悪く、「勝つならここしかない」というのもまた事実かもしれないが。



香港ヴァーズはめずらしく日本馬の参戦がない。地元の英雄エグザルタントと、クールモアの3歳馬モーグルの争いか。エグザルタントは今季2戦して2着が続いているが、大舞台で強いのがこの馬。まだまだ衰えは感じられない。

香港スプリントは昨年の勝ち馬ビートザクロック、同じくこの路線を引っ張ってきたミスタースタニングが引退し世代交代の気配。怪物とウワサされたエセロは鼻出血の影響もあって長期休養中で、やや手薄なメンバーと言えるかもしれない。そんな中、主力となるのは昨年の2着馬ホットキングプローンということになりそう。G1初参戦の上り馬コンピューターハッチが続く形か。
日本からはダノンスマッシュとタワーオブロンドンが参戦。このメンバーなら上位争いも不可能ではないが、タワーオブロンドンは久々になるのがどうか。もしグランアレグリアが出ていれば勝てたんじゃないかな..

香港マイルは昨年の覇者アドマイヤマーズが参戦。地元の三冠馬ゴールデンシックスティーとの対戦が非常に見もの。ビューティージェネレーションだってまだまだ頑張ってるし、休み明けながら実力十分のワイククも侮れない。個人的には一番おもしろいカード。

連覇を目指すウインブライトと、ノームコアそれからダノンプレミアムが出走する香港カップはクールモアのマジカルが強敵。地元のフローレは前走でエグザルタントを破った勢いに注目。ダノンプレミアムがこの条件に合いそうでちょっと期待している。



例年に比べれば日本勢の遠征は質量ともスケールダウン感があり、改めて平和な世の中のありがたさを実感させられた気がしている。その一方でグランアレグリアやアーモンドアイが国内のG1を選んでくれたのもこの状況だからであり、非常に複雑な気分。とりあえず晩ごはんの準備をしながら最後までじっくり見ましょ。