完成度のソダシか、将来性のサトノレイナスか。

翌年の桜花賞・オークスに直結する意味でも注目を集める阪神ジュベナイルFだが、今年は「白毛馬初のG1制覇なるか」という点からも盛り上がりを見せている。デビューから3連勝のソダシはソツなく好位を取って自分に形に持ち込めるセンスが武器。消耗戦でも上がり勝負でも結果を残してきた点も心強く、単勝1番人気に応えての快挙達成も十分にありそうだ。

一方、現時点での完成度は際立つものの来年のクラシック戦線となるとややスケール感に乏しく映る印象も。G1を勝つならここしかない、くらいの位置づけと個人的には見ている。



対照的にサトノレイナスは豊かな将来性を感じさせるものの、現時点でマイル戦G1を勝ち切れるかどうか。国枝栄調教師のコメントも、ベスト距離は2000mくらいかなといったニュアンス。ここは2着か3着くらいでも来年には十分つながるんじゃないだろうか。

ただ、先日の「クラシック候補ランキング」でも1位に推奨したように、来春の主役はこの馬だという期待は変わらない。新馬戦こそ平凡な内容だったが、2戦目のサフラン賞が中山マイル戦を克服して圧巻の差し切り勝ち。あのパフォーマンスがルメールを確保する裏付けにもなったことだろうし、ノーザンF首脳陣から優遇されているとも感じる。

さすがに現時点で「アーモンドアイの後継者」とか「狙いは日本ダービー」と言われると戸惑いもあるが、何ならそれすら夢見る走りを見せてくれてもいいんやで。



もう一つ気がかりなのが馬場。土曜の競馬をざっくり見た限りでは前が止まらない印象で、明日もこの傾向は続きそう。ソダシが後ろを気にして仕掛けを遅らせるようなら、ノーマークの先行馬があれよあれよと粘ってしまうかもしれない。ポールネイロンやエイシンヒテンあたりのスピードが脅威。メイケイエールは大外枠で良かったと陣営は話しているらしいけど、吹っ飛んでいかないですかね。それならまだインフィナイトの方が無難に走れそう。

そんな感じですかね。個人的にはPOG戦線で最大にして最後の希望となりつつあるサトノレイナスが、勝てずとも来年への期待が膨らむレースをしてくれれば。現時点でソダシに負けるのは仕方ないかなという心境です。