2歳G1が始まる前に、2週にわたって2021年クラシックの行方を占っていこうという企画。



今週は牡馬編です。さっそく始めていきましょう。




牝馬編と同様、ここまでの2歳牡馬戦線を簡単に振り返っておきたい。まずは何といってもデビュー前から話題をさらった「モーリス四天王」がことごとく苦戦。ブエナベントゥーラは勝ち上がりこそしたものの1勝クラスで大敗。レガトゥスも気性の問題もあって短距離路線にやむなく転向を余儀なくされた。ルペルカーリアは新馬戦で敗れたあと、聞くところによると坂路で放馬し外傷を負ったとかで完全に歯車が狂ってしまった。セブンサミットも2戦してまだ勝ち上がれず。全体的には結果も出ているモーリス産駒だが、来年の取り扱いにも悩まされることになりそうだ。
他にもハープスターの全弟アークライトやレイデオロの全弟アルマドラード、ドゥラメンテ産駒の一番星と言われたスワーヴエルメあたりがまだ勝ち上がれておらず、前評判の高かった良血馬の不振が印象に残っている。ちょっと困るんですよねノーザンFさん..と言いたいところだが、さすがは質量とも群を抜くだけに現時点での上位勢力にもしっかり名を連ねている。

以上を踏まえた上で、皐月賞・日本ダービーで有力視できる5頭をピックアップした。

<5位:ランドオブリバティ>
【概要】新馬戦→芙蓉Sと連勝を果たしたディープインパクト産駒。新馬戦は僅差の競馬だったが、芙蓉Sでは2着のアランデルに3馬身半差の圧勝。これで早々にホープフルS参戦が決まった。社台Fのエースとしてクラシック戦線に立ち向かう。
【寸評】ディープインパクト産駒ながらも前から早めに動いて押し切るスタイルで2連勝。キャラ的にもアルアイン感が強く、どちらかといえば皐月賞向き。それだけにホープフルSも有力視できそうだが、日本ダービーを見据える上ではどこかで東京を経験させておきたかった気も。これがどう出るか。三浦皇成の悲願の行方もこの馬にかかっている。

<4位:ワンダフルタウン>
【概要】宝塚記念当日に行われた、この世代の「伝説の新馬戦」2着馬。勝ち馬ダノンザキッドは東スポ杯2歳Sを楽勝し、この馬はラジニケ杯京都2歳Sを制した。ノーザンFの生産馬ながら個人馬主さんの所有で高橋義忠厩舎の管理ということもあってか、叩き上げスタイルでここまで強くなってきている。夏の時点では「ホープフルSから逆算して」という情報があったのだが、前走後に回避が発表された。
【寸評】4戦全てで上がり最速をマークする一方、馬場やコースの関係もありまだ33秒台は一度もマークせず。もちろん瞬発力勝負の舞台にも適応できる可能性は十分あるが、現状では皐月賞の方が自信を持って臨めそう。ここまで和田竜二との二人三脚で来ている点もポイント高し。

<3位:エフフォーリア>
【概要】札幌の新馬戦を勝ったときから、横山武史が素質を絶賛していた一頭。それを証明したのが前走の百日草特別だった。馬群の中で脚をタメ、一気に突き離す形で後続を置き去りに。ある程度のポジションにつけながらも非凡な瞬発力を発揮できるセンスが光った。ランドオブリバティと同厩ということもあってホープフルSは使わず、年明けの共同通信杯で始動予定。機動力が問われる舞台だけにこの馬の持ち味も出せそうだ。
【寸評】正直、新馬戦を見た時の感覚は「そこまで強いか?」というものだっただけに、百日草特別の走りには驚かされた。10年ほど前まで活躍馬を多く輩出していたKatiesの一族も近年はやや勢いに陰りを感じるだけに、久々の大物登場となるか。

<2位:シャフリヤール>
【概要】今季の「正統派」ディープインパクト産駒はこの馬か。菊花賞当日の京都1800mを差し切り勝ち。兄アルアインは先行スタイルがおなじみだったが、弟は末脚が武器になりそう。成長を促しながらという陣営の方針もあって以後は出走がないが、きさらぎ賞あたりがいかにもマッチしそう。そこからクラシックにしっかり間に合わせてきそうな逸材。
【寸評】前述の通り、皐月賞馬アルアインの全弟だがこの馬は日本ダービーに向きそうなタイプ。気持ちの面にゆとりがありそうで、新馬戦も少し促されながらの追走だった点がむしろ距離をこなせそうで好印象。大舞台に強い藤原英昭厩舎らしく、ここからしっかり成長カーブを描いてきそうだ。

<1位:オーソクレース>
【概要】名牝マリアライトが初仔からクラシック候補を送り出してきた。新馬戦→アイビーSと連勝中。関東のノーザンF勢が振るわない中、エリートコースに見事に乗った。札幌でのデビュー戦で33.9秒の上がりをマークし、アイビーSでは狭い馬群を割って末脚を伸ばすなど勝ちっぷりも秀逸。ホープフルSでは再びルメールとコンビ結成。無敗で来季の日本ダービー最有力候補に躍り出る可能性は高い。
【寸評】まさかこの血統で2歳時からバリバリ動けるとは。しかもどちらかといえば持久力勝負で輝くタイプかと思いきや、切れ味も高いレベルで兼ね備えているなんて。現時点での課題はゲートくらいか。まだまだ奥の深さを感じさせる、とにかく楽しみな逸材。

<惜しくもランクインならなかった2番手グループの馬たち>
・ ダノンザキッド:完成度高し、伸びしろ疑問
・ レッドベルオーブ:距離延長がどうか?
・ ヨーホーレイク:スケール感に欠けるだけに
・ バスラットレオン:タメる競馬が見てみたい
・ ステラヴェローチェ:クロノジェネシスになれるか



モントライゼは朝日杯→NHKマイルCルートでどれだけやれるか。まだ確信は得られていない。ショックアクション、ホウオウアマゾンあたりもマイル路線に活路を見出していくことになりそう。あとはホープフルS次第でアドマイヤザーゲですかね、現状まだ足りない印象ですが。

ちなみに我がPOG指名馬はこの中にはおりません。本当ならアークライトあたりがノミネートしているはずだったのですが無期限放牧中です。しかもシャフリヤールとオーソクレースはライバル陣営の指名馬です。くれぐれもお手柔らかにお願いしますw

牝馬編に続きスタエフでも配信しました。