ラジニケ杯京都2歳Sはワンダフルタウンが勝利。序盤はじっくり構え、直線で大外から力強く末脚を伸ばしてきた。萩Sでは期待はずれの3着に終わったが、ここでしっかりと前進。ノーザンファームの生産馬でありながら、叩き上げタイプのキャラというのが少し異質。外厩はしがらきを使っているようだが、高橋義忠厩舎のスタンスなのだろうか。
デビューから4戦すべて上がり最速をマークする一方、34秒を切る戦況は未経験。現状だと皐月賞の方が自信を持って望めそうな予感がする。恐らく次はホープフルSになると思われるが、そこも速い上がりは不要。デビュー戦で敗れたダノンザキッドら強敵との対戦になるが、十分やれるだろう。




ラーゴムも同じく直線は外に持ち出されての追撃。勝ち馬には伸び負けたが、ひとまず賞金加算に成功ということで。ここで凡走するとアイビーSの評価にも影響するところだったので、オーソクレース勢としても安堵したのでは。こちらも現状は皐月賞向き?

うれしい誤算だったのはゴールドシップ産駒マカオンドールの善戦。少し前が狭くなりながらも3着まで差を詰めてきた。アオイゴールドも赤松賞でそこそこ頑張っていたし、夏に勝ち上がった組が昇級後も見せ場を作ってくれている。

グロリアムンディは内ラチ沿いから進出を狙うも4着まで。特に不利を受けた印象はなく、現状はこんなもんといったところだろうか。バスラットレオンはさすがに重かったか。追い切りでは好調をアピールしていたが、プラス20kg。新馬戦の上がり3Fが優秀だっただけに、一度タメる競馬をしてみてもいいと思うのだが。



さて、興味深いのは阪神2000mで行われた京都2歳S組の今後。本来の京都開催では翌年のクラシックへの関連性が薄まってしまったが、ワンダフルタウンを筆頭に来季は活躍なるだろうか。本格派コースだけに、ここを勝ち切るのは絶対能力が試される。となると今後も、ね。