ありがとう、おめでとう。そして、ごめんなさい。

アーモンドアイに言葉をかけられるとしたら、この3点セットを贈りたい。まずは、これほどまでの強さを誇る名馬と出会えたことへの感謝。長きにわたって次元の違う強さとかわいさを見せつけた、正真正銘の九冠女王ですわ。そう簡単には破れないであろうその金字塔を打ち立てたことにも、改めて祝辞を。
そして、秋の天皇賞からずっとしつこいくらい「5歳秋の衰え」を指摘し続けてきた的外れっぷりを心からお詫びしたい。アーモンドアイは最後までアーモンドアイでした。

キセキの爆逃げでラップタイムはえらいことになっているが、それを差し引いてもまずまず平均的なラップ。本質的に2400mは長そうなタイプ、なおかつこの秋の東京芝コースはタフなコンディションで、末脚が鈍ってしまうのではないかと懸念したのだが..くり返しになるが、別次元の強さだった。



「世代交代」を目指したコントレイルは完敗の2着。残念ながら引導を渡して主役を引き継ぐ形には持ち込めなかった。3歳クラシック戦線であれだけの素質の違いを見せつけただけに少なからずショックだが、ひとつだけ言い訳をするならば菊花賞からもう少し回復期間が欲しかったか。来年は「アーモンドアイの強さを肌で感じてまだまだ修行が必要だと感じた」的なシナリオでさらなる飛躍をぜひ。

デアリングタクトも勝ち馬には完敗だったが、ゴール前は馬群を割って伸びてくる根性を見せてくれた。この馬に関しては前の2頭以外に先着を許さなかった時点で満点でしょう。こちらも来年また頑張ってくれるはず。

カレンブーケドールもゴール前まで上位争いに食い下がる、さすがの底力。どこかでG1勝たせてあげたい。グローリーヴェイズも大外枠を苦にせず、積極的な立ち回りで見せ場を作った。この馬については何度も書いているような気がするが、とにかく狙いは天皇賞。来春はドバイよりも阪神3200mに行ってほしいんだよなあ。
それからワールドプレミアも超久々ながらまずまず頑張れた。ここで大敗するようなら今後も心配だったが、これなら次以降は従来どおりの走りを見せてくれるのではないだろうか。



馬券はコントレイルともども完敗。せめて3着がカレンブーケドールならなけなしの払い戻しがあったのだが..ただ、アーモンドアイの出走が決まった時点で「いやいや勝つのはコントレイルでしょ」と確信に近い自信が芽生え、それを当日まで曲げずに来られたそのプロセスはめちゃくちゃ楽しかった。やはり馬券を買って観戦するレースはおもしろいね。半年ぶりに真剣勝負に挑み、そう再認識させられた。

【予想】美しき世代交代を再び..◎コントレイル/ジャパンC