これだけワクワクするのは久しぶりかもしれない。3頭の直接対決が決まってから、この日が待ち遠しくて仕方がなかった。この感覚はたぶん17年春の天皇賞以来。前年の有馬記念から続くキタサンブラックとサトノダイヤモンドの物語は、結末も含めてとにかく楽しかった。

無敗の三冠馬2頭・コントレイルとデアリングタクトの初対戦に加え、アーモンドアイがここをラストランに選んできたという胸アツな展開。「どうせ香港でしょ」と思っていた八冠女王の動向が決まった時点でもうね。うひょーですよ。



で、うひょーついでに馬券も決めた。勝つのはコントレイル。遊びながら日本ダービーを圧勝したあのパフォーマンス。それができるのはやはり東京コース、この舞台で「3強」の中でも一枚抜けた存在であることを示してほしい。ダメだったら菊花賞の疲れ、ってことで諦めます。

そう、アーモンドアイは今もう2400mは長い。それに天皇賞の勝ちっぷりが衰えを感じさせるものだった。5歳秋、よく見ると目元に小ジワが..みたいな感じ。正直、馬券圏外だって全然あると思ってます。あとデアリングタクトもコントレイルに比べるとちょっと見劣る印象。古馬相手に洗礼を受ける可能性もあるレベルかと。

なので「3強決戦」になるとはあまり思ってません。一角崩し、全然あると思います。本当ならサートゥルナーリアが楽しみだった。この馬が本命の重圧から開放されて、ひっそり息を潜めて直線ズドンしたら好勝負必至だと思っていただけに回避は本当に残念。代わりにまた1番ゲートをゲットしたカレンブーケドールに期待したい。

◎ コントレイル
◯ カレンブーケドール
▲ アーモンドアイ
☆ デアリングタクト
△ キセキ
△ ユーキャンスマイル
△ グローリーヴェイズ

馬券は◎の単勝に厚く。と◎○の馬連と◎○軸の3連複をそれぞれ軽くってとこですね。

11年の有馬記念で三冠馬オルフェーヴルと引退する女傑ブエナビスタが初めて対戦したことを思い出している。後継者は勝って世代交代を成し遂げなければならない。かつてオグリキャップがタマモクロスを破ってバトンを受け継いだように。
コントレイルならそれができる、「美しき世代交代」を再び。