朝日杯FSやNHKマイルCのイメージがいつまでも色濃く残っているせいか、どうもグランアレグリアは思わぬところでコロッと負けてしまう印象があったのだが..強い。スキを見せないレース運びでスプリンターズS→マイルCSの連勝を達成。同一年に両レースを制したのってもしかして97年のタイキシャトル以来?

まあ色々と振り返りたいこともありますが明日も競馬がありますのでね。東スポ杯2歳Sは今さら説明するまでもなく来年の日本ダービーに直結するレースですが、どうも今年はバリバリのクラシック候補!みたいな馬が見当たりませんね。このへんもノーザンFのエリート候補が思い通りに勝ち上がれていないのが影響しているのかも。

ダノンザキッドは宝塚記念当日の新馬戦を制して以来のレース。負かしたワンダフルタウンも未勝利戦を圧勝したし、改めてレベルの高い一戦だったことはわかっている。完成度なんかを加味しても、連勝の可能性は十分。ただその先は知らんw 
スケール感でいえばむしろドゥラヴェルデ。もしかしたら明日は勝ち切れないかもしれないが、来年になってブレイクしてそう。そのためにも早めに賞金は加算させておきたい。もう一頭のドゥラメンテ産駒ジュンブルースカイはOPでのレースを経験しているのが強み。

あとはヴェローチェオロも上位に食い下がりたいよね。芙蓉S・百日草特別とそこそこ頑張ってはいるものの、現状やや力の差を感じずにはいられないだけに。



東京5Rでデビューするグランワルツがひそかに注目を集めている。重賞勝ち馬バウンスシャッセの初仔が、最終追い切りで51.3-12.2秒を馬なりでマーク。ポテンシャルは相当なものがありそうで、あとはこの血統にありがちなムラッ気が出ないかだけが課題。我がPOG指名馬でもあり、ここらでサトノレイナスに次ぐ有力駒が出てきてほしいところ。
同じく東京の新馬戦ではデインドリームの仔オンラインドリームがデビュー。父がフランケルというコテコテベタベタな配合と馬名からDMMの馬だと思ってたけど吉田千津さんの所有なんですね。何となく危うさしか感じないw 
それから東京4Rでアルマドラードが巻き返しを期す。しかし今季の藤沢和雄厩舎の2歳馬は本当にキツい。バニシングポイントもダート替わりで負けたし。

良血牝馬が揃った阪神3Rはそろそろジェラルディーナが勝ちそうな。