藤川球児の引退セレモニーを追っかけで見てたらくっそ遅い時間になったので今日はテキストでいこう。

先週の2歳馬でいえば、まず百日草特別を勝ったエフフォーリアですよね。札幌の新馬戦を勝った段階で話題になってたけど、個人的にはそこまでって印象だった。しかし2戦目でその成長力を見せつけられた。スローペースを我慢してズバッと差し切り勝ち。上がり3F33.4秒をマークした瞬発力の裏付けも今後への期待を高めてくれる。
困ったのは次走を含めたローテーション。同じ鹿戸雄一厩舎にはランドオブリバティが、キャロットCにはオーソクレースがおり、それぞれホープフルSへの参戦を予定していることを考えるとこの馬の参戦はなさそう。となると年内は使わず年明けの京成杯か共同通信杯あたりになるのだろうか。これだけ間隔が空くのはもったいない気もするが、さすがにこの使い分けは批判するようなものではないのでご注意を。



それから個人的にうれしかったのがスノークォーツの新馬勝ち。まさかゴールドシップ産駒が東京2000mでディープインパクト産駒の人気馬とヨーイドンで差し切れるなんて! 相手のレベルそのものは何とも言い難いが、これは将来が楽しみ。見た目もお父さんそっくりだし。今をときめくノルマンディーだし。
しかし一つだけ引っ掛かってるのが、この馬POGの「ゴルシ枠」で指名するか迷ってたんですよね..最終的に別の馬にしたんですけど、その仔はまだ入厩すらしていない..そこだけが複雑w

もう一頭、POGで評判になっていたオヌールも無事に新馬勝ち。時計も上がりも優秀だが、ゴール前で際どく迫られた内容はそこまで見栄えするものではなかった。あと馬体がね..小柄なのがちょっと厳しいかも。

我が軍のディアマンテールは外差し馬場に泣いたとはいえまたしても勝ち上がれず。もうサトノレイナス以外は誰も計算が立たない情けない状況になってきた..w