「人生、無事是名馬」|雑談系競馬ブログ

2006年創刊の雑談競馬ブログ。主に毎週のレースや好きな馬・ジョッキーについて。時に野球やドラクエについて熱弁。

2021年10月

常に脚元の不安との戦いだったエピファニーにとっては、まず無事に初戦を終えることができたのが何より。しかも、敗れたとはいえ大器の片鱗を十分に見せてくれたのだから前途は明るい。
坂路中心のソフトな調教、そしてパドックでは堂々と馬っ気を披露..とても競馬に集中できている状況ではなく、スタートも出遅れ。前半1000m通過が63.7秒というスローペースで4角ではまだ後方..最後の直線も進路を探しながらの追撃となったが、ラスト1Fでムチが入ってからの脚が強烈だった。先に抜け出したライラックがセーフティリードに入ろうかというところを、猛然と差を詰めたフットワークは迫力十分。この一戦を経験した上積みも考えれば、次以降もかなりレベルの高いパフォーマンスを見せてくれると確信に近いものを得られた。

手綱を取ったルメールも、アーモンドアイを引き合いに出してその能力を評価。ぜひとも次はスムーズな競馬で勝利に導いてほしい。

あとは次のレースをいつ迎えられるか。早々に天栄へ放牧に出たのは想定通り。東京開催のうちに2戦目を迎えられれば、来年の春に大きいところを狙う態勢は整うと見た。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

つくづくサトノレイナス不在が惜しまれる秋華賞である。阪神ジュベナイルF、桜花賞と続けてソダシに惜敗。その後は陣営の強いこだわりもあって日本ダービーに参戦し、5着と善戦はしたもののタイトルには届かず。最後の一冠こそ、そして今度こそソダシに雪辱をという舞台にたどり着けず。無念でしかない。

能力は絶対にG1を勝てるものを持っているだけに、来年はその瞬間が訪れることを願っている。

個人的には少しがっかりムードではあるが、それでもおもしろい戦いになりそう。桜花賞馬ソダシとオークス馬ユーバーレーベンが揃って出走。ファインルージュとアンドヴァナラウトもそれぞれトライアルで強い勝ち方を見せているし、アカイトリノムスメもあと一歩でG1に手が届いてもおかしくない力を持っている。

誰が勝つかは..例によって知らんw 何となくだが阪神2000mという舞台設定を考えても少し前がかりな展開になりそうな。ソダシはどうせ勝ちに行く競馬をするだろうし。
となると有利なのは後ろ。長く脚を使えるユーバーレーベンは状態さえ問題なければ得意な条件になるだろう。あとはその後方から着拾いを狙う伏兵の台頭も考えておきたい。
アールドヴィーヴル、サルファーコスモス、アナザーリリックあたりに警戒が必要と見た。

結果はどうあれ、いいレースになりますように。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

府中牝馬Sがにぎやかですなあ。7頭立てだった昨年とは大違い。メンバーも揃いました。

人気になるのはマジックキャッスルやデゼルでしょうが、個人的に注目したいのがミスニューヨーク。ついに加藤祥太とのコンビ解消でミルコが騎乗することに。
上がりの速くなるコースで相手も強いとなるとちょっと厳しい戦いになるかもしれないが、いつも崩れず走れるのがこの馬の良さ。

馬券を買うのを推奨しているわけではありませんのでくれぐれもご注意をw

あと横山典弘とアカイイトの自由なコンビが外から吹っ飛んでくるのも密かに期待してる。

いやでもこれどの馬が勝ってもおかしくないというか、納得しそうな顔ぶれ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはサウジアラビアロイヤルCのコマンドラインから。
超スローペースで勝ち時計は1:36.4と遅くなったが、瞬発力勝負でステルナティーアを寄せ付けなかったのは評価していいでしょう。
初戦はどちらかといえばギアチェンジ時の反応の鈍さが気になっただけに、ひとつ課題をクリア。こういうセンスがいかにも一流って感じ。
まだ馬体の仕上がり具合も余裕たっぷりに映りますし、来春にはもっと良くなっているはず。

ただ、日本ダービーを勝つのかと言われるとまだちょっと微妙w

マイラーだというつもりはないですし、そもそも3歳春の時点であれば多少の距離適性など能力とコース適性で何とでもなると思うんですけど、他にもいい馬は揃ってるのでまだナンバーワンとまでは..
この後も必要最小限のレースを使って大舞台へ向かうことになると思いますが、一戦ずつ見落とすことなく変化を見守っていきたいですね。

ステルナティーアは賞金加算にこそ成功したものの、このヨーイドンなら勝ちたかったのが本音じゃないですかね..まあサンデーレーシング的にはこれでよかったのかもしれませんけどw
初戦の鮮やかな脚を考えると、ちょっと物足りなく映りました。

スタニングローズも新潟2歳Sに続き後方から差を詰める形で見せ場を作っている。どこかでうまいこと賞金を積んでG1に出たいですね。
そして出遅れながらも懸命に追い込んだウナギノボリも重賞でやっていける可能性を十分に感じさせた。どこかでズバッとハマってくれるのを期待。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

サウジアラビアロイヤルCはコマンドラインが順当勝ち。まだ仕上がり具合はお釣りたっぷり残ってると思うんですけど、それでもヨーイドンでステルナティーアを退けたのは高く評価できるかと。
おかしい、POG1番人気馬がこんな順調に活躍するなんてw

あとは地雷扱いしてたショウナンアデイブもまずまず見どころのある内容。後ろから長く脚を使いながら、上がり3Fも33.9秒をマーク。
この展開で好位から伸びたアートハウスを捕らえるのは至難の業。勝ち馬も強かったし。

どちらも引き続き動向に注目です。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

「10.8」決戦は完敗。勢いという言葉だけでは済まされないほど力差を感じる試合でした。
これでヤクルトにマジック「11」が点灯。投打にスキのない原状を考えると、ここから足踏みすることはまず考えられません。すなわち阪神は終戦近し。
言いたいことはたくさんあるけれど、まずは残り試合を全力で。このままガタガタと崩れてしまってはここまでの戦いは何だったのかということになる。

最後まで意地を見せようぜ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはダンテスヴューの話から始める。なぜならPOG指名馬だからだ。
いやいや、とりあえずひと安心。ここで負けてちゃ重賞戦線には名乗りを挙げることすらできなかった。
初戦はじっくり構え過ぎたのが仇となったこともあり、川田将雅は「絶対に負けない競馬を」と先行集団を見る形での位置取り。
直線入り口で外に持ち出し前を射程圏に入れると、しっかり脚を伸ばし後続を置き去りにした。

前半1000mが60.6秒とそこそこ流れ、以降も12秒前後の締まった流れになったこともありラスト1Fは要したが、こういう展開を経験できたことは今後にも活きてくる。
その反面、やはり新馬戦のような瞬発力特化の勝負では分が悪そうだと再確認。となると最大目標は弥生賞ですね。そこ目指して年内もう1走からの若駒S経由で向かいたい。それ以上は望みませんw
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

G1が始まったとはいえ、引き続き一戦必勝態勢で馬券とは付き合いたいと思います。「G1だから買う」は負ける発想。

とはいえ、このスプリンターズSはダノンスマッシュに対して確信に近い期待を寄せていいだろう。前走の香港チェアマンズスプリントは人気を裏切ったが、もともと間隔が開いてこそ力を発揮できるタイプ。
その反省も活かして今季はセントウルSをパスしここへ直行。一週前にしっかり負荷をかけ、直前はさらっとまとめた調整過程もパーフェクト。
にもかかわらず、前売り時点ではレシステンシアに1番人気を譲る程度の支持にとどまっているのはチャンスとしか言いようがない。最終的にはもう少し売れるだろうが、それでも単勝3倍程度つくのなら買いの一手。
昨年の香港スプリントを制した世界レベルの短距離王をナメてはいけない。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

シリウスSは難解ですねえ..ハンデ戦でもあって非常に悩ましい。

3歳の王道を歩んできたゴッドセレクションに頑張ってほしい気持ちはあるが、古馬勢も簡単ではない。
好調のブルベアイリーデに末脚安定ハヤヤッコ、ハマれば強烈なウェスタールンドなどが有力視されるし、ダノンスプレンダーも重賞でそこそこ走れるように。
同型との兼ね合い次第ではサンライズホープの粘り込みもありえそう。

うむ、この条件で勝ち切れれば将来有望ですよゴッドセレクションは。

でもみんな一長一短でめちゃくちゃ難しいな馬券は。例によって静かに健闘を祈ります。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ